ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ
| ↑一覧へ戻る |

初期設定ウィザードの実行・ColdFusion Administratorを開く

1. ブラウザが開き、「設定ウィザード(設定の移行ウィザード)」の実行画面が表示されます。(Linux 版は所定の指示でブラウザにURL を入力してください)

初期セットアップを進めるにはログイン認証が必要です。先の手順17. で入力したColdFusion Administrator にログインするパスワードを入力して下さい。サーバー版のInternet Explorer ではデフォルトでJavaScriptが無効化されていますので下記のFAQを参考にブラウザの設定を変更するかChrome ブラウザでログインしてください。
https://cfassociates.samuraiz.co.jp/index.cfm/faq/administrator/cf-setup-wizard/

2. 設定ウィザードが起動します。ここで、インストール時に指定した各種設定やオプションのインストールが行われます。処理が完了するまでしばらく待ちます。

3. ColdFusion 11, 2016, 2018 がインストールされているマシンにColdFusion 2021 をインストールした場合、設定の「移行」画面が表示されます。

旧バージョンで設定しているデータソースやメール、デバッグ などAdministrator の設定を ColdFusion 2021 に移行するかどうかの確認画面が表示されます。
設定を移行する場合は、[ 次へ] を押し、「エクスポート設定」 → 「インポート設定」の順に手順を進めます。

設定を移行しないで、新規の状態でインストールを行いたい場合は、[スキップ] を押して下さい。

4. 処理が完了すると、「セットアップが完了しました」というメッセージが表示されます。[OK] を押すと、ColdFusion Administrator が開きます。

5. インストール処理が終了すると、ブラウザが ColdFusion Administrator に切り替わります。

ColdFusion Administrator は ColdFusion で作られているWeb サイト(index.cfm ページ)です。すなわち、この画面が表示されていればColdFusion が動作しているという確認にもなります。

ColdFusion 2021 のAdministrator では、「クラウドサービスとの連携用設定(資格・構成)」「NoSQLデータソース」「SAML 用IDP・SP 構成」などの新しく追加された機能に関する設定のほか、「パッケージマネージャ(旧更新)」「ライセンスとアクティベーション」設定が追加されています。

ColdFusion Administrator の画面デザインが ColdFusion 2018 より変更されています。 これまでは左側にメニューが並んでいましたが、ColdFusion 2018 以降は大項目がアイコン化され、それぞれのアイコンを選択すると、画面上部に小項目が表示されるようになります。また、それぞれの設定項目も複数列に整理されて並べられるなど、今までと画面デザインが大きく異なりますが、それぞれの画面で設定できる内容は一部を除いて旧バージョンと同じ順番になっています。ですので、旧バージョンとの違いは、新機能の項目が ColdFusion 2021 で追加されたのを除けば、見た目の違いだけです。
ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2022/6/28
Adobe ColdFusion 2021
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール

■2019/11/27
『ColdFusion 実験室』
実験7

■2019/11/27
Adobe ColdFusion 2018
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール

■2017/6/26
『ColdFusion 実験室』
実験6

■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.