ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ

 

ColdFusionにおけるPDFやZIPの活用

作成日: 2009年3月5日
作成者:(株)エスアイヤ 代表取締役 河野俊之
CTO 木戸間 周平
チーフシステムエンジニア 江上 新一
最終更新日: 2009年3月5日

はじめに

 今回は、ColdFusionを使って行うPDFの操作やZIPファイルの操作について解説します。
 

◆ColdFusionでPDFの操作

 PDFはアドビシステムズ社によって開発された電子文書フォーマットです。特徴としてホストコンピューターの環境に依存することなく、作成した文章のフォントや文字の大きさ、字飾り、埋め込まれた画像、レイアウトをかなり正確に再現することができるというものがあります。また、世界中の企業や行政機関にも認められたフォーマットであり、利用者も多いことから、事実上の世界標準電子文書フォーマットと言えます。ColdFusion8からは、そのPDFを作ったアドビシステムズ社の製品となったこともあり、PDFとの連携が大幅に強化されました、ColdFusion8から追加されたcfpdfタグの機能を見るだけでもColdFusionとPDFの連携がいかに強力なものか分かっていただけると思います。
 cfpdfタグの機能には以下のものがあります。

・既存のPDFファイルに、電子透かしをつける。
・既存のPDFファイルから、電子透かしを取り除く。
・既存のPDFファイルから文書情報を取得する。
・既存のPDFファイルに文書情報をつける。
・既存のPDFファイルのサムネイルを作成する。
・複数のPDFファイルを1つのPDFファイルに結合する。
・既存のPDFファイルから特定ページを削除する。
・DDX命令によってPDFファイルを作成する。
・既存のPDFファイルを暗号化する。
・PDFファイルのドキュメント変数の名前を指定する。
・PDFファイルのドキュメントを出力ファイルに書き出す。

 ColdFusionには、cfpdfタグが用意される以前にもHTMLからPDFを生成することができるcfdocumentタグなどが用意されており、ColdFusionは、もともと優れたPDF連携機能を持っていたと言えます。そこにcfpdfタグやcfpdfformタグが追加されたことで、ColdFusionとPDFの連携機能はさらに充実し自由度の高いものになりました。これらの機能は特別な知識を必要とすることなく、ColdFusionに馴染みのある開発者でなくとも非常に簡単に使用する事ができるようになっています。

 

◆ColdFusionでZIP操作

 これまでColdFusionでZIPファイルを操作する際には、Javaのライブラリを呼び出して、独自にZIPファイルを扱う処理を実装していました、これらはCFXや、CFCなどとしてモジュール化することで再利用することもできますが、共通のモジュールではないため、このようにして作られたモジュールを開発した者以外が使おうとした場合、利用方法に戸惑うことになるかもしれません。またColdFusionを共有ホスティングで利用しているような場合はこれらの機能を実装すること自体、ホスティング会社のセキュリティポリシー上、難しいケースもありました。ColdFusion8では、これらの問題を解決できるcfzipタグが標準で用意されました。cfzipタグでは、ZIPファイル、JARファイルの圧縮、展開を行うことができ、圧縮されているファイルの中身をリストとして取り出すこともできるため、ウェブアプリケーションでZIPファイルを扱うために必要なものは一通り揃っています。そしてこの機能もまた、その他のColdFusionの機能と同じく簡単に利用することができます。

 

◆まとめ

 ColdFusion以外の言語にもPDFを操作するライブラリなどは存在しますが、商用で利用する場合は別途高額なライセンスが必要であることや、言語に標準で用意されたライブラリではないため、システムに組み込むために連携部分を作りこむ必要があることもあります。しかし、ColdFusionで用意されたPDF連携機能は標準で用意されたものであり、別途ライセンスを必要とすることなく、非常に簡単にPDFファイルを操作することができます。それらの機能がPDFを開発したアドビシステムズ社から提供されているという安心感は、他の言語に比べて大きなアドバンテージになっています。
また、cfzipタグが用意されたことでZIPファイルを使った処理も簡単に構築することができるようになりました。ZIPファイルをうまく活用することで、ウェブアプリケーションの利用者、管理者ともに多くのメリットを享受することができ、さらに使いやすいウェブアプリケーションを開発することができるのではないでしょうか。

 今回扱った内容は、ColdFusion 8プロフェッショナルガイドのChapter8にて、cfpdfタグを使ってできるPDF操作、ZIPファイル操作のサンプルコードを含め、詳しく解説しています。こちらも是非ご覧頂ければと思います。

 いよいよ最終回となる次回は、ColdFusion Administratorに追加された新機能を中心に、ColdFusion 8の設定項目の詳細について解説します。

ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.