ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ
| ↑一覧へ戻る |
ColdFusion実験室
色々なデータベースドライバを試す@

MariaDB Connector/Java ドライバを使ってMariaDB/MySQLに接続する

作成日: 2016年3月
最終更新日: 2016年3月

■このページ(ColdFusion 実験室)で紹介する内容について

ColdFusion 実験室で公開している情報は、ColdFusionの標準の機能では無いため動作の保証外(未サポート)となります。下記の事項も含めてそれらを予めご認識頂いた上で、参考にされるかどうかをご判断下さい。

■注意事項

ColdFusionには、MX以降、データソースの登録に手動で追加したJDBCドライバを使用する機能があり、この記事の中で実際にそれを試していますが、メーカーの Adobe Systems社は、ColdFusionに同梱されたドライバ以外を使用したデータベース処理はサポート対象としていません。

独自に追加したJDBCドライバを使って発生した問題や、サードパーティー製のドライバ自体を利用するかどうかの判断に関しては、自己責任にてお願い申し上げます。

■MariaDB Connector/Java ドライバについて

MariaDBは、MySQLをフォークして立ち上げられたRDBです(詳しくは Wikipedia や関連するIT記事等を参照ください)。

MariaDBは、MySQLとの互換性も高く、MySQLと同様にDB自体と接続を行うためのさまざまなドライバが用意されています。今回の記事では、Javaベースの接続ドライバである「MariaDB Connector/J」を使って ColdFusion と MariaDB(または MySQL)との接続を、例とともに記事にしました。

@データベースドライバをダウンロード

MariaDBのダウンロードページから「MariaDB Connector/J X.X Series(執筆時点では1.3)」を選択します(ダウンロードする際は、MariaDB.comアカウントを登録する必要があるようです)。

AドライバをColdFusion内に配置

ダウンロードした「mariadb-java-client-X.X.X.jar」ファイルをColdFusionが自動で読み込むディレクトリ内に配置します。
今回は、[cf2016_root]/cfusion/wwwroot/WEB-INF/libにファイルを置きました。このディレクトリは、任意のJava JARファイルの自動ロードに使われます。
参考1:http://help.adobe.com/ja_JP/ColdFusion/10.0/CFMLRef/WSc3ff6d0ea77859461172e0811cbec22c24-7ea1.html
参考2:http://www.trycf.com/tutorials/tutorial/Extending-Coldfusion--Java

BColdFusionを再起動する

配置したJARファイルを読み込むためにColdFusion(ColdFusion 2016 Application Serverサービス)を再起動します。

CColdFusion Administratorにログインし、データソースを登録する

ColdFusion Administratorの[データとサービス] > 『データソース』画面を開き、新規のデータソースの追加を行います。任意の「データソース名」を入力し、「ドライバの選択」には、『その他』を選んで、『追加』ボタンを押して下さい。


次に、データソースの設定画面で、MariaDB(またはMySQL)に接続するための情報を入力します。設定の詳細に関しては、MariaDBのオンラインマニュアルを参照下さい。
https://mariadb.com/kb/en/mariadb/about-mariadb-connector-j/

■設定例

D設定完了

『送信』ボタンを押すと、データソース一覧画面に戻るとともに、指定した情報をもとにデータベースへの接続が試みられます。正しく接続が行えると、登録した名前のデータソースの「ステータス」に『OK』が表示されます。


もし、正しく接続が行えなかった場合は、エラーに関する情報が掲載されますので、登録したデータベース名を選択し、エラー内容をもとに、設定の変更を行って下さい。下記は、正しく「ドライバクラス」を指定しなかった場合のエラー例となります。

E最後に

設定を完了した後は、データベース処理を行い、動作に変化が無いか、エラー等が発生しないかを確認し、場合によってはプログラムやSQLの見直しを検討して下さい(MariaDB は MySQL から派生したものですので、互換性等に関しては他のサードパーティよりも高いかとは思いますが、接続先のDBのバージョンやMariaDBの独自の拡張によって処理が異なる可能性もあります)。


ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.