ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ
| ↑一覧へ戻る |

HTML5機能を利用した新世代Webアプリケーションの構築

スタンダード版 エンタープライズ版
cfinput タグの html5入力タイプ対応
Geolocation API + cfmap ○(*1) ○(*1)
websocket △(100接続まで)
websocketクラスタ対応 ×
HTML 5 チャート ×
(*1) cfmapタグがサポートするのはGoogle マップの埋め込みのみです。マップを生成するには、Google MAP API キーの入力が必要な場合があります。Google Maps APIはグーグル社によって提供され無償・有償プランがあります(詳細はグーグル社にご確認下さい)。

2014年にW3C(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)によって正式に勧告された新世代のHTML5にもColdFusionは強力にサポートしています。新しく追加されたHTMLフォームの入力タイプ(<input type=”email”, “range”, “date” など)をColdFusionフォーム(CFINPUT)でも利用できるほか、CFMAPも機能が拡張されGeolocation APIで取得した現在地をGoogle Maps に表示できるようになりました。

ColdFusion WebSocketによるリアルタイムWebアプリケーションの開発

ColdFusionにはWebSocket プロトコル用のメッセージングレイヤーを提供することで WebSocket を実装しています。ブラウザでサポートされているHTML5 ネイティブの WebSocketを利用した、サーバーから複数のクライアント、あるいは一人のクライアントから複数のクライアントへのデータのプッシュが可能となり、株式、チャート作成、オンラインゲーム、ソーシャルネットワーク、様々な目的のダッシュボード、監視など様々な目的のためのリアルタイムWebアプリケーションの開発が可能となります(スタンダード版は接続数に制限があります)。

ColdFusion開発者は、CFMLとJavaScriptを用いて簡単に制御が行えます。

表現力が向上したHTML5チャート

さらにエンタープライズ版のみの機能として、表現力が大幅に向上した新しいHTML 5チャート(グラフ)もサポートしています。これまでColdFusionのチャート機能は、サーバー側でチャート(画像やFlash)を生成し、生成したチャートをブラウザに表示する事しかできませんでしたが、エンタープライズ版ではHTML5ベースのチャートとして、クライアント(ブラウザ)側で JavaScriptを利用した動的な表示や操作が可能になりました。チャートの下部に期間を表示し、ユーザーが期間を操作するとその期間の表示に変更する機能や、JavaScriptを利用して動的にチャートの値を変化させるインタラクティブな表示も可能です。

さらにWebSocket機能と併用して、双方向でチャートの値をやり取りして、売上状況の推移を数字とチャートで表したり、ユーザーがボタンを押したらチャートの値に反映するような、双方向通信とHTML5チャート組み合わせ、ユーザーへの表現の幅が各段に広がりました。

ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/6/26
『ColdFusion 実験室』
実験6

■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.