ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ
| ↑一覧へ戻る |

ColdFusionがサポートするデータベース

スタンダード版 エンタープライズ版
Apache Derby 10.11.1.1
Microsoft SQL Server 2012, 2014
MySQL 5.7 ○(*1) ○(*1)
PostgreSQL 9.4.3
DB2 for Linux, UNIX, and Windows 10.5 ×
Oracle 11g R2, 12c including RAC support ×
Sybase Adaptive Server Enterprise 16 ×
Microsoft Access -(*2) -(*2)
ODBC Socketを利用したODBC接続 -(*3) -(*3)
その他サードパーティ製 JDBC ドライバ -(*4) -(*4)
(*1) ColdFusion 2016 は、商用版 MySQLと接続可能な MySQL(DataDirect)ドライバを同梱しています。また、スタンドアローン MySQL JDBC ドライバー(MySQL 5)は ColdFusion に付属しなくなりました。 このドライバーをMySQLのメーカーよりご入手頂いた上、所定の場所にドライバを配置する事で、スタンドアローン MySQL JDBC ドライバー(MySQL 5)を設定できます。
(*2) Microsoft Access のサポートは ColdFusion 2016 では行われておりませんが、前バージョンと同じ接続ドライバは引き続き同梱されており、利用できます(Microsoft Access for Unicodeドライバは32bit版ColdFusionのみ使用可)。
(*3) ODBC Socketを利用したODBC接続はサポート対象外の接続方法ですが、これまでのバージョンと同じく ODBC Socketを経由したODBC接続を行うODBC Service, ODBC Agentを利用できます。
(*4) ColdFusionが同梱する以外に、データベースベンダー等が提供するJDBCドライバをColdFusionに組み込んで利用する事もできます。しかしながら、同梱するドライバ以外を使用してのデータベース接続はメーカーサポート対象外と定められております。上記でサポート対象となっているデータベースについても同梱ドライバ以外の接続はサポート対象外となりますことをご注意願います。

ColdFusionとリレーショナルデータベースとは JDBC (Java Database Connectivity)を介して接続を行います。ColdFusionには予めJDBCドライバが同梱されており、そのドライバを使用してメーカーが動作を確認したデータベース・バージョンをサポートデータベースとして公開されています。エンタープライズ版は、スタンダード版よりも多くのデータベースをサポートしており、企業向けの大規模データベースへの接続をサポートしています。

ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.