ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ
| ↑一覧へ戻る |

初期設定ウィザードの実行とColdFusion Administrator

インストール処理が完了した後は、設定ウィザードが起動します。ColdFusionの初期設定が行われるほか、インストール時に選択したオプション機能のインストールや(旧バージョンのColdFusionが検知された際に)設定の移行ウィザードが実行されます。設定ウィザードが完了すると ColdFusion Administratorが開きます。

0.[完了] を押すと、ブラウザが開き設定ウィザードが起動します。
1.ブラウザが開き、「設定ウィザード(設定の移行ウィザード)」の実行画面が表示されます。ログインに入力するパスワードは、インストール時に設定した ColdFusion Administratorのパスワードです。
2.設定ウィザードが起動し、インストール時に指定した設定やオプションのインストールが行われます。処理が完了するまでしばらく待ちます。
※旧バージョン(2バージョン前)が同じPCにインストールされている場合、旧バージョンの設定を新しいColdFusion2016に移行するかどうかの確認画面が表示されます。データソース登録やさまざまなAdministratorの設定を移行したい場合は[次へ]を押します。設定を移行せず、新規の環境でインストールしたい場合は[スキップ]を押して下さい。
3.設定ウィザードが終了すると、「セットアップが完了しました」というメッセージが表示されます。[OK]を押すと ColdFusion Administratorの画面に切り替わります。
4. ColdFusion Administrator 画面が表示されます。

ColdFusion Administrator はColdFusionベースで作られています(呼び出しのページの拡張子.cfmはWebサーバーからColdFusionサーバーに渡されて動的な処理が行われます)。この画面が問題なく表示されるということは、ColdFusionが正常に動作していることになります。
このAdministratorでは、ほとんどのColdFusion設定を行う事ができます。詳しい説明は、また別のトピック等で紹介する予定です。

ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/6/26
『ColdFusion 実験室』
実験6

■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.