ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ
| ↑一覧へ戻る |

ColdFusion とWeb サーバー(IIS/Apache)とを接続する

ColdFusion 2018 より、インストール時にColdFusion とWeb サーバー(IIS/Apache)とを接続する手順がスキップされるようになりました。そのためColdFusion2018 のインストール直後は同梱のWebサーバー(開発およびAdministrator 設定用)を利用してのみ接続が可能です。従来のIIS/Apache とColdFusion を連携させるためには、後から「Web サーバー設定ツール」を使って登録する必要があります。「Web サーバー設定ツール」はGUI 画面かコマンドラインかのどちらからも登録や削除を行うことができます。

最初に
ColdFusion 2018でWebサーバー接続を設定する前に、最新のUpdateを適用してください。ColdFusionのUpdateには既知の不具合や確認されたセキュリティ問題の修正のほか、内部エンジンのTomcatのバージョンアップ、そして、Webサーバーコネクタのバージョンアップも含まれます。
記事作成時点(2019/11/27)の最新Updateは6ですが、この6でもWebサーバーコネクタのバージョンアップが行われているため、Update 6 適用前に先にWebサーバーコネクタを登録すると、後からUpdate6をあてた後にコネクタの再登録(一旦設定を消去して、再度登録し直す)作業が必要となり、二度手間になります

IISとColdFusion 2018とを接続する

IISとColdFusionとを接続するには、従来のバージョンから引き続き、IIS側で「役割と機能の追加」が必要です。役割と機能の追加から、「ISAPI 拡張機能」、「CGI」、「ASP.NET」(および機能が動作するのに必要な役割サービス ISAPIフィルター 他)の追加を行ったうえで、再度コネクタの登録をお試し頂ければと存じます。
https://helpx.adobe.com/jp/coldfusion/installing/configuring-your-system.html

[インストール済みのIISに「役割と機能の追加」を行う参考手順]
※下記のページは旧バージョンを対象としていますが ColdFusion 2018でも同様です。
https://helpx.adobe.com/jp/coldfusion/kb/coldfusion-iis-connector-configuration.html

  1. Windows Server OS の「サーバー マネージャー」を起動し、[管理] をクリックし、
    [役割と機能の追加] を選択して、役割と機能の追加ウィザードを開始します
  2. [インストールの種類の選択] 画面で [役割ベースまたは機能ベースのインストール] を選択します
  3. ターゲット サーバーを選択します
  4. [機能の選択] 画面で、[Webサーバー(IIS)] のツリーを展開し、「アプリケーション開発」の項目から、上記で紹介した設定「ISAPI 拡張機能」、「CGI」、「ASP.NET」(および機能が動作するのに必要な役割サービス ISAPIフィルター 他)の横にあるチェック ボックスをオンにして有効にします
  5. 残りの手順はそのまま進めて、インストールを行って下さい。OSの再起動を促された場合は再起動を行って下さい

【Windows: GUI でIIS との接続設定を行う場合】

  1. Web サーバ設定ツールを実行します:
    [cf2018_root]\cfusion\runtime\bin\wsconfig.exe
  2. 設定済みWeb サーバーが一覧で表示されます。こちらで既存のColdFusion とIIS との接続設定が 確認できます
  3. [追加...] ボタンを押すと「Web サーバー設定の追加」ダイヤログが表示されます。「AppServer のプロパティ」はそのまま、「Web サーバーのプロパティ」でWeb サーバーを「Internet Information Server(IIS)」を選択していることを確認します

  4. IIS に登録されている 特定のWeb サイトにのみコネクタを指定する場合は、「IIS Web サイト」の 一覧から選択します

    [All] はIISに登録されているすべてのWebサイトに対する一つのグローバルなコネクタを登録します
    [All-Individually] は、IISに登録されているWebサイトが複数ある場合、Webサイトごとにコネクタを個々に登録します(上記の例では、登録されているWebサイト3つ(81, Default Web Site, sub1)それぞれにコネクタを登録します)
    [Default Web Site]、[81]、[sub1]は、IISに登録されている1つのWebサイトに対してコネクタを登録します
  5. デバッグを目的としたコネクタを設定する場合は、[詳細...] ボタンを押し、「コネクタの詳細ロギングを有効にする」や「接続プール設定(ColdFusion と IIS 間の接続コネクタの数などを設定)」を行います(基本はデフォルトの設定となります)

    [OK] ボタンを押すと、元のダイヤログ画面に戻ります
  6. [OK] ボタンを押すと、「Web サーバーの再起動」の確認ダイヤログが表示されます。[はい] を選ぶと、対象のIIS Webサイトに対するコネクタ設定が追加されます
  7. ダイヤログが閉じ、初期の画面に戻ります。「設定済みのWebサーバー」の一覧に追加したWebサーバーの情報が表示されます
  8. [終了]ボタンを押して、「Webサーバー設定」ツールを閉じます

【Windows: コマンドでIIS との接続設定を行う場合】

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で開きます
  2. wsconfig.exe が置かれている場所に移動します:
    • cd [cf2018_root]\cfusion\runtime\bin\
  3. IIS に対する接続コネクタを登録します
    • 例1:すべてのWeb サイト(All)に対して設定を行う場合
      wsconfig.exe -ws iis -site All -v
    • 例2:Default Web Site に対して設定を行う場合
      wsconfig.exe -ws iis -site "Default Web Site" -v
      • -v を付けると詳細が出力されます

      (出力例)
      command line: -ws iis -site Default Web Site -v

      Created file C:\ColdFusion2018\config\wsconfig\1\isapi_redirect.dll
      Created file C:\ColdFusion2018\config\wsconfig\1\README
      Wrote file C:\ColdFusion2018\config\wsconfig\wsconfig.properties
      Stopped "World Wide Web Publishing Service" service
      Started "World Wide Web Publishing Service" service
      The Internet Information Server (IIS) connector was installed to "Default Web Site"

  4. 接続設定を確認します
    • wsconfig.exe -list

      (出力例)
      There are 1 configured sites and 3 unconfigured sites.
      Configured Site Number and Site Name:
      1 Default Web Site
      Unconfigured Site Number and Site Name:
      0 All
      2 81
      3 sub1

ApacheとColdFusion2018とを接続する

Webサーバー設定ツールが機能強化され、ApacheとColdFusionとを接続する際に、Virtualhost単位で設定が行えるようになりました。しかし、リリース当初は設定ツールに不具合があり、正しく設定できなかったことから、Virtualhost単位でApacheとColdFusion 2018とを接続するには最新のColdFusion 2018アップデートを適用してから設定を行ってください。

※ApacheのVirtualhost単位でColdFusion 2018と接続するには下記のFAQをご参考ください
http://cfassociates.samuraiz.co.jp/index.cfm/faq/coldfusion2018/coldfusion-2018-web-apache-virtualhost/

【Linux: GUIでApacheとの接続設定を行う場合】

  1. Linux の GUI 上で端末コンソールを開きます
  2. root またはsudo にてWeb サーバ設定ツールを実行します
    • [cf2018_root]\cfusion\runtime\bin\wsconfig
  3. 設定済みWeb サーバーが一覧で表示されます。こちらで既存のColdFusion とApache との接続設定が行われている場合は確認ができます
  4. [追加...] ボタンを押すと、「Web サーバー設定の追加」ダイヤログが表示されます。「AppServer のプロパティ」はそのまま、「Web サーバーのプロパティ」でWeb サーバーを「Apache」を選択します

  5. 「Webサーバーのプロパティ」の設定を行います
    • 「設定ディレクトリ」には、Apache のhttpd.conf ファイルが置かれているフォルダを指定します
      • 例: /etc/httpd/conf
    • 「Apache仮想ホスト」には、特定の仮想ホストのみに接続の設定を行いたい場合に選択します

      [All] はVirtualhostの登録に関係なく、Apache全体に対して一つのグローバルなコネクタを登録します
      [All-Individually] は、Apacheで設定されているサイト・Virtualhostそれぞれにコネクタを個々に登録します(上記の例では、登録されているサイト(cflinux.samuraiz.co.jp)と2つのVirtualhost(vhost1.samuraiz.co.jp, vhost2.samuraiz.co.jp)それぞれにコネクタを登録します)
      [cflinux.samuraiz.co.jp]、[vhost1.samuraiz.co.jp]、[vhost2.samuraiz.co.jp]は、Apacheで設定されているサイト・Virtualhostのどれか1つに対してコネクタを登録します
    • [詳細...] ボタンを押すと、詳細設定ダイヤログが開きます
      • OSによってインストールされたデフォルト以外のApacheと接続する際は、「Apache の設定」で、「サーバーバイナリ(Apache のバイナリファイル)」と、「サーバーのコントロールスクリプトのディレクトリと ファイル名(apachectl)」のファイル名とパスを指定します
      • デバッグを目的としたコネクタを設定する場合は、「コネクタの詳細ロギングを有効にする」や「接続プール設定(接続がアイドル状態になった場合のタイムアウト)」などの設定を行います(基本はデフォルトの設定となります)

  6. 【重要】ColdFusion 2018 Update 6現在 「Performance Monitoring Toolsetのプロパティ」の「ハートビート間隔(秒)」を”0”に変更します
  7. [OK] ボタンを押すと、「Web サーバーの再起動」の確認ダイヤログが表示されます。[はい] を選ぶと、対象のApache サイト・Virtualhostに対するコネクタ設定が追加されます
  8. ダイヤログが閉じ、初期の画面に戻ります。「設定済みのWebサーバー」の一覧に追加したWebサーバーの情報が表示されます

  9. [終了]ボタンを押して、「Webサーバー設定」ツールを閉じます

【Linux: コマンドでApache との接続設定を行う場合】

  1. 端末コンソール上で、wsconfig の場所に移動します
    • cd [cf2018_root]\cfusion\runtime\bin\
  2. (任意) Apache を停止します
    • apachectl stop
      • コマンドの最後にApacheが再起動されますが、Apacheが動作中の場合に再起動に失敗する場合があるため、可能であればApacheを止めてからコネクタの設定を行います
  3. root またはsudo にて wsconfig をApache に対する接続パラメーター付きで実行してコネクタを登録します
    • 設定例
      ./wsconfig -ws Apache -bin /opt/apache2/bin/httpd -script /usr/sbin/apachectl -dir /etc/httpd/conf -v
      • -v を付けると詳細が出力されます

    • 出力例
      Apache バイナリ /usr/sbin/httpd を使用しています
      Server version: Apache/2.4.6 (Red Hat Enterprise Linux)
      Apache を特定できないので Apache は DSO サポート用に設定されていると想定しています。
      Apache 設定ファイル /etc/httpd/conf/httpd.conf を解析しています
      Apache コントロールスクリプト /usr/sbin/apachectl を使用しています
      chmod 777 /opt/coldfusion2018/config/wsconfig/1 を実行しています
      Set permission to 777 on /opt/coldfusion2018/config/wsconfig/1
      chmod +x /etc/httpd/conf/mod_jk.so を実行しています
      Set permission to execute on /etc/httpd/conf/mod_jk.so
      ファイル /etc/httpd/conf/mod_jk.so を作成しました
      ファイル /etc/httpd/conf/httpd.conf に書き込みました
      ColdFusion の設定が Apache 設定ファイル /etc/httpd/conf/httpd.conf に追加されました
      ファイル /opt/coldfusion2018/config/wsconfig/1/README を作成しました
      ファイル /opt/coldfusion2018/config/wsconfig/wsconfig.properties に書き込みました
      /usr/sbin/apachectl restart を実行しています
      Apache サーバーを再起動しました
      The Apache connector was installed to /etc/httpd/conf
  4. 接続設定を確認します
    • ./wsconfig -list
    • (出力例)
      Apache : /etc/httpd/conf (All)
  5. 【重要】ColdFusion 2018 Update 6現在 「Performance Monitoring Toolset」の「ハートビート間隔(秒)」に不具合があり Apacheのクラッシュを招くため、対象の設定ファイルの値を”0”に変更します
  6. Apacheを再起動します
    • apachectl restart
ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2019/11/27
『ColdFusion 実験室』
実験7

■2019/11/27
Adobe ColdFusion 2018
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール

■2017/6/26
『ColdFusion 実験室』
実験6

■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.