ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ

 

←前 | ↑一覧 |

変数を使って計算する

ColdFusionの変数の値に数値を入れておけば、計算式などで使用することができます。

シンタックス

<cfset 変数名=変数、または数値 (演算子) 変数、または数値 >

コーディング例

<cfset price1=100>
<cfset price2="200">
<cfset goukei=price1 + price2>

 

この場合、変数goukeiには、300という値が入ります。price2の200という値には(二重)引用符が指定されていますが、下記の「変数の型(タイプ)」でも説明しますように、自動で数値として認識し、処理を行います。
変数の型(タイプ)について

 

変数の型(タイプ)について

ColdFusionの変数をセットする際は、型(その変数にどんな種類の値を格納するか)の指定はありません。ColdFusionの変数にはタイプが ありません(タイプレス)。そのため、例えば変数aに入る値は、文字列でも数字でも日付でも良いわけです。ColdFusionでは、その変数に対して何らかの処理を行う時、例えば上記のように算術演算を行おうとした時などに、必要に応じて自動で予測されたタイプに変換(「キャスト」)します。
詳細については、「ColdFusionの変数に型(タイプ)はありますか?」をご参照下さい

補足事項

※予測された変数の型に変換(キャスト)できない場合はColdFusionエラーとなり処理が中断します。例えば、変数 a と b の値を足し算しようとした際、誤って変数 a には文字列 "あいうえお" が格納された場合、実行時に以下のエラーが発生します。


ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.