ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ

 

| ↑一覧 | 次→

フォームの処理

Webアプリケーションの多くは、ページを表示するだけでなく、ユーザーからの情報をもとに様々なサービスを提供しています(オンラインショップや宿の予約、検索など)。ユーザーからの情報を受け取るためにフォームを使用します。ユーザーは入力画面で注文フォームや登録フォームなどを入力し、それをサーバーに送信することによって、サーバー側で入力に応じた様々な処理を行うことができます。

フォーム処理について

フォーム処理には、FORMページ(ユーザーに情報を入力してもらう)、ACTIONページ(サーバーに渡された入力値を処理する)、SUBMIT処理(入力値をサーバーに渡す)の3つの要素があります。図にすると以下のような処理の流れとなります。


入力データをFORMページからACTIONページへ渡すきっかけがSUBMIT処理であることがポイントです。

FORMページ(ユーザーに情報を入力してもらうページ)について

HTMLには、ユーザーに情報を入力してもらう仕組みが用意されています。それはHTMLタグとして用意されている<form>タグと各入力コントロール(テキスト入力、ラジオボタン、チェックボックス、SUBMITボタン)です。ユーザーに入力(あるいは選択)して欲しい内容をもとに、適切な入力コントロールを指定します。

ACTIONページ(サーバーに渡された入力値を処理する)について

ブラウザから渡されたユーザー入力値を処理するために、ColdFusionを利用します。データベース内の検索を行ったり、サービスの予約手続きを行ったりします。

SUBMIT処理(入力値をサーバーに渡す)

ユーザーに入力してもらった情報をサーバーに渡す役割を持っています。通常はFORMページに表示する入力欄の一番下に<input type="submit" ...>タグを指定して、SUBMITボタンを画面に表示します。ユーザーが情報を入力し、最後にSUBMITボタンをユーザーが押すことによって、入力値がACTIONページに送信されます。

ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.