ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ

 

| ↑一覧 | 次→

準備(データソース登録)

ColdFusionは「JDBC」と呼ばれる方法を使ってデータベースへ接続して処理を実施します(JDBCはJavaプログラムからデータベースにアクセスする際によく用いられる接続方法です)。ColdFusionには、予めいくつかの(CFのエディションによって異なる)JDBCドライバが同梱されていますので、それらドライバを使用してデータベースへ接続を行います。

ColdFusionからデータベースへの接続するためには、“どこにデータベースサーバーが置かれているか(ホスト名やIPアドレス)”や、DBにログインするための“ユーザー名・パスワードなど”の情報が必要となりますが、それら接続情報を設定・管理する物を「データソース」と呼びます。データソースの登録を、ColdFusion Administrator にログインし、[データとサービス]-[データソース]で行うことで、データベースへ接続が可能になります。

シンタックス

<cfset 変数名=値、文字列、式など>

画面ショット


▲データソース画面では、既に登録されているデータソース一覧が表示されます。新規にデータソースを登録するには、[新規のデータソースの追加]に「任意のデータソース名」を入力し、接続先のデータベースの種類に適したドライバを一覧から選択して下さい。
 

▲上の画面で[追加]を押すと接続情報を入力する画面になります(選択したドライバによって、上記の設定画面の項目は変わってきます)。データベースへの 接続に必要な情報を入力して[送信]を押すことにより、“データソースの登録”と“接続のテスト”が行われます。接続のテストに失敗(エラー)となった場 合は、入力した情報が正しいかを確認して下さい。

補足事項

データソース画面で設定する項目は、データベースによって異なってきます。各データベースの接続設定に関する情報は、ColdFusionのマニュアル(データソース管理)を参照下さい。
 

※ColdFusion Standard版は、Enterprise版に比べて接続可能なデータベースが限られます。詳細は『サポート対象システム一覧』の対応データベースプラットフォームを参照下さい。ColdFusionのサポート対象を確認の上、適切なColdFusionエディションを選択するようにします。

 

ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.