ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ

 

←前 | ↑一覧 | 次→

データベースから取得したレコードを表示する際、現在何件目かを取得する

データベース内のデータを取得し、それを画面に表示する際、現在何レコード目を表示しているかを画面に表示したり処理の分岐に用いる場合があると思います。この場合も、クエリ変数に含まれる追加情報を利用します。

シンタックス

<cfoutput query="クエリ名">#クエリ名.currentRow#</cfoutput>

コーディング例

<cfquery datasource="cfartgallery" name="qArt">
  SELECT * FROM ART
</cfquery>
<table border="1">
  <cfoutput query="qArt">
  <tr>
    <td>#qArt.currentRow#</td>
    <td>#qArt.ARTNAME#</td>
    <td>#qArt.DESCRIPTION#</td>
    <td>#qArt.LARGEIMAGE#</td>
 </tr>
 </cfoutput>
</table>

出力例

■HTMLテーブルの一番左の列はデータベースのデータではなくCurrentRowの値を表示しています。
ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/6/26
『ColdFusion 実験室』
実験6

■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.