ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ

 

ColdFusion の開発エディタについて

ColdFusion の開発エディタについて

ColdFusionを開発するための専用エディタとして「ColdFusion Builder」が販売されています。ColdFusionはHTMLに近い記述でプログラムミングできるため、慣れている人はコードを記述することのできるHTMLエディタや、メモ帳などのテキストエディタで開発を行っていく人もいますが、ColdFusion BuilderにはColdFusionの開発を手助けしてくれる機能が色々と用意されていますので、プログラムし易い環境を整えるという目的で、ColdFusionの開発を手助けする機能を希望される場合には、お試し頂くことをお勧めします。

 

▲ColdFusion Builder 3 の画面。コードベースのエディタです。

 

 


▲コード中のCFタグにカーソルを合わせると説明が表示されたり、タグを入力すると必須属性を含む項目が表示されます。

 

 

▲ColdFusionサーバーとの接続設定をすれば、こちらのパネルでステータスの把握や起動等が行えます。

 

 

▲RDSの設定を行うと、ColdFusionサーバーで登録されているデータベース接続情報(データソース)
 や、テーブル情報、データをColdFusionBuilderの画面で確認ができます。

 

 

尚、ColdFusion Builderは有償の製品ですが、60日間評価版としてフル機能をお試し頂けます。そして評価期間が終わった後も、機能が大幅にカットされますが、ColdFusion Builder Express版として使用し続けることも可能です。
さらに、ColdFusion 11の有償版(Standard Edition, Enterprise Edition)を購入されると、エディションに応じてColdFusion Builder 3がバンドル提供されます。詳しくは、弊社ホームページの『資料・FAQ』ページに公開しています「ColdFusion 11ライセンスの数え方資料」を参照下さい
http://www.samuraiz.co.jp/coldfusion/faq/

 

これからColdFusionの開発を覚えていきたいという方は、ColdFusion Builderを検討頂くことをお勧めします。

 

ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/6/26
『ColdFusion 実験室』
実験6

■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.