ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ

 

←前 | ↑一覧 | 次→

算術記号を使って値を計算する

ColdFusionでは、算術記号を使うことで、値を計算することができます。

コード例

例えば、変数p1に5+3の計算結果を指定したい場合は、下記のように記載します。

<cfset p1=5+3>

他の変数から代入した値を使いたい場合、下記のように記載することができます。

<cfset p1 = 5>
<cfset p2 = p1+3>

もし、算術記号を文字列として使用したい場合は、下記のように二重引用符で囲みます。
<cfset p1 = "5+3">
<cfset p2 = 5+3>
<cfoutput>#p1#の計算結果は、#p2# です。</cfoutput>

上記を実行すると、「5+3の計算結果は、8 です。」と表示されます。

算術記号

ここではよく使われる算術記号の例を紹介します。

記号 説明 サンプル 結果
+、-、*、/ 足し算、引き算、かけ算、割り算 <cfset p1=1+1>
<cfset p2=10-1>
<cfset p3=2*3>
<cfset p4=9/3>
2
9
6
3
Mod 数値を割り算を行った後のあまり <cfset p5=10 Mod 4> 2
\ 2 つの整数値を割り算した値 <cfset p5=11 \ 5> 2

ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.