ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ

 

動的Webページと静的Webページの違い

ColdFusionで作成する『動的なWebページ』とは?

ColdFusionを使って作成するのは、“動的な処理が含まれるWebページ(以下、動的Webページ)”となります。ただ、初めてWebアプ リケーションの作成を体験する人にとっては、動的Webページという言葉に馴染みが無いと思います。ホームページを作成するソフト(HTMLエディター) で作成したWebページとの違いは何でしょうか?

 

HTMLエディターで作成するWebページは、一般的には“静的Webページ”になります。これは、拡張子.htmや.htmlでページを作成して Webサーバーに配置し、ブラウザからそのページに呼び出しがあった時に、ページの内容をブラウザに返すという動きになります。処理の流れを下記に紹介し ます。

静的Webページを呼び出した時の処理の流れ

 

図の上部にはWebサーバーと呼ばれるものがあります。これは、ブラウザのアドレスに指定したURLの呼び出し先だと思って下さい。図の下半分は呼 び出し元、つまり、普段みなさんがブラウザを使ってインターネットをブラウジングしているところを想像して下さい。図には、1.〜4.で処理の流れ (WebサーバーにHTMLページのリクエストをしている様子)を書いています。

 

処理の内容を見てみると

  • ブラウザのアドレスにURL(例 http://www.samuraiz.co.jp/list.html)を入力して呼び出します。ブラウザから、インターネットを経由してURLに書かれているWebサーバーへページを要求(リクエスト)します。
  • Webサーバーは、ブラウザからリクエストのあったページを探します。上記の図を例にすると、list.html のページを探しています。
  • Webサーバーは、リクエストのあったページを見つけると、呼び出し元のブラウザにそのページの情報を返信(レスポンス)します。
  • 返信を受け取ったブラウザは、list.htmlページの内容に書かれているHTMLの記述に従って文字の表示や画像の取得・表示などを行います。

となります。

 

Webサーバーは、呼び出しのあったページをブラウザに戻すだけの動きとなるため、何度呼び出しても同じページ内容が戻ります (JavaScriptを使って何らかの処理をする事もありますが、JavaScriptは上記4、ブラウザにページの情報が戻されてからブラウザ内で動 作するので、上記3.の時点では同じページ内容です)。
“静的Webページ”でページを作っていると、内容を変えたい時、例えば、商品の販売サイトで商品が売り切れてしまった時や、社員情報を表示するイントラ サイトで、社員の退職や異動があったときなどはWebページを作り直して、Webサーバーに置いたページを置き換えるという作業が必要です。めったに変更 しないページだったら良いですが、たびたび変更が生じた場合には、作業者にかなりの負担となります。

 

商品の情報や在庫情報、社員情報などは一般的にはデータベースでデータを管理しています。データベースに入っている情報を利用すれば、例えば在庫が 無くなった時には、在庫なしとWebページにできるように表示する事ができますし、商品が追加されたり削除された時も、データベースの商品一覧の情報をも とに、最新の情報をWebページに反映することが出来ます。これが、ColdFusionを使って動的Webページを作っていく理由の一つとなります。そ れでは動的Webページの処理の流れも紹介します。

動的Webページを呼び出した時の処理の流れ

 

静的Webページのリクエストと基本的な動作(呼び出しと返信)は同じですが、Webサーバー側にColdFusionの処理が追加されているのが分かります。難しくはありません。下記の1.2.5.6は、静的Webページと同じ動きです。違いは、3.4.になります。

  • ブラウザのアドレスにURL(例 http://www.samuraiz.co.jp/list.cfm)を呼び出します。
  • 該当するWebサーバーにページを要求(リクエスト)します。
  • Webサーバーは、ページの要求(list.cfm)がColdFusionで処理を行うものと検知し、ColdFusionに処理を依頼します。
  • ColdFusionは、依頼されたページを処理し、データベースからデータを取ってくるなど動的な処理を行い、処理の結果をWebサーバーに戻します。
  • 処理の結果を受け取ったWebサーバーは、それを呼び出し元のブラウザに返信(レスポンス)します。
  • 結果を取ったブラウザは、HTMLの記述に従って文字の表示や画像の取得・表示などを行います。

静的Webページは、Webサーバーが置かれているページをそのままブラウザに戻しているのに対し、動的Webページは、Webサーバーから ColdFusionに処理を依頼し、ColdFusionはそのページを処理します。そして処理が終わったら、処理の結果をWebサーバーに戻し、 Webサーバーは、ブラウザに処理の結果を戻している流れとなります。

 

WebサーバーがColdFusionに処理を渡すきっかけとなるのが、呼び出しているページの拡張子です。上記の図を見て頂くと、 list.cfmというページの呼び出しを行っています。ColdFusionと連携するWebサーバーは、拡張子が.cfmのファイルが来ると、それは ColdFusionで処理を行うという事を認識していますので、ColdFusionに処理を渡し、結果が戻ってくるのを待ちます。

 

「ColdFusionはWebサーバーと連携して動作している」、そして、「ColdFusionの処理が終わってから、呼び出し元のブラウザに 結果が戻っている」ことから、ColdFusionは、サーバーサイドのWebアプリケーションサーバーとして動作する製品になる、という事を覚えておき ましょう。

ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/6/26
『ColdFusion 実験室』
実験6

■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.