ColdFusionカフェテリア
SAMURAIZ

 

サーバーサイドとクライアントサイド

サーバーサイドとクライアントサイド

Webアプリケーションを開発する上で、サーバーサイドとクライアントサイドの違いを理解する必要があります。「動的Webページと静的Webページの違い」 でも解説しましたが、ColdFusionはブラウザをクライアントとして、Webサーバーと連携してさまざまな処理をサーバー側で行う(=サーバーサイ ド)製品です。ColdFusionに限らず、サーバーサイドで動作するアプリケーションサーバー・Java EE アプリケーションサーバは数多くあります。製品ごとにそれぞれの特徴や機能の違いはありますが、動的なWebページを作るという目的は共通しています。

 

それに対し、JavaScriptやCSS、Flash などは、Webサーバーから結果がブラウザに戻ってきて、ブラウザ側で処理を開始した時に動作する言語(=クライアントサイド)となります。 JavaScriptを使って、ユーザーの入力漏れやミスが無いかチェックする、CSSで表示する内容を装飾するなどは、ブラウザ側で処理を行います。

 

例を出して説明します。ColdFusionには、言語として関数を持っています。JavaScriptにも関数があります。この2つの違いは何でしょうか?

ColdFusionとJavaScriptの関数の動作

 

答えは、関数が動作するタイミングです。ColdFusionの関数は、あくまでもColdFusion内で動作する関数です。それに対して JavaScriptは、ブラウザに結果が戻ってきてから(ColdFusionの処理が終わった後)に動作します。このように処理を行う場所が呼び出し 元のブラウザ(クライアント)か、Webサーバー側(サーバー)かの違いが、サーバーサイドとクライアントサイドの違いになります。

ColdFusionの各種情報の配信


最新情報
■2017/3/27
ColdFusion 2016 対応
インストール セットアップ情報
CFサーバーのインストール
CFビルダーのインストール

■2016/9/20
『ColdFusion 2016 リリース
Enterprise Edition 活用資料』
記事一覧

■2016/3/30
『ColdFusion 実験室』
実験4、実験5

■2015/8/10 〜
『ColdFusion クリニック』
記事一覧(随時更新中)

■2015/4/8
『JasperReportsによる帳票出力』
2. JasperReportsによる帳票出力【後編】

■2015/3/12
アップクロス株式会社
西元 貞昭様
『JasperReportsによる帳票出力』
1. JasperReportsによる帳票出力【前編】


■2015/2/25
『ColdFusionでエクセルを使いこなそう!』
4. 【上級】ColdFusionのエクセル機能を利用したPDF帳票の紹介

ColdFusionトレーニング


ColdFusionユーザーグループ
ColdFusionユーザーグループ
Copyright 2012 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.